大神令子社会保険労務士事務所が選ばれるわけ
先生とスタッフは車の両輪
<先生とスタッフとが対立する関係では医院は発展できません>
先生だけが頑張っていても、医院・歯科医院(以下、「医院」と呼びます)は発展できません。どんなに良い先生がいらっしゃっても、それだけでは、今の医院乱立の時代では淘汰されてしまうかもしれません。今の時代は、スタッフの力を借りなければ、医院を経営していくことは難しい時代となっています。
しかし、そのスタッフが権利ばかり主張したり先生の方針を無視したりしては、当然に医院の経営はおかしくなってしまいます。そのようなスタッフがいる医院も、やはり潰れてしまうでしょう。
先生とスタッフが共に支えあい共に成長するような、スタッフと「共創」している医院こそ、本当に発展し、存続していくことができる医院なのではないでしょうか?
また、本当に良い医院=社会に貢献できる医院=世の中から必要とされる医院は、実は先生とスタッフが共に戦っている医院です。スタッフも先生と共に医院の発展を考えているような医院は、独りよがりとなることが少なく、そのような医院は地域社会から必要とされ、地域社会から必要とされる医院は永遠に存続し続けることができます。
スタッフと共に地域社会から必要とされる医院へ成長するための方法を経営者である先生と共に考えてまいります。
「経営方針」「経営理念」「経営者(先生)のビジョン」をお伺いいたします。
<ますは海図と羅針盤を作らなければ船は進みません>
 経営者である先生が御自身の医院をどのような医院にしたいのか?先生の医院はどこへ向かっているのか?を定められることは、発展する医院とするために一番重要なポイントです。これをしっかり作り込むことによって、はじめてスタッフと一丸となって戦うことができるようになります。
 まず、医院が向かう方向を先生にお伺いいたします。もし、企業理念・経営理念などを作ることに悩んでいらっしゃるのでしたら、作成のための支援をさせていただきます。
 そして、先生の理念に沿ったコンサルティングをいたします。
発展する医院とは?
<この時代に勝ち残れる医院へ>
 発展する医院とはどういう医院でしょうか? それは、最後まで生き残ることができる医院、そして存続し続けることができる医院です。今のこの時代に勝ち残れる医院こそ、発展する医院であり、存続し続けることのできる医院ではないでしょうか?
あまり強く言って良いことではありませんが、もしも地域社会で貴院だけが生き残れば、貴院はオンリーワン企業です。もちろん、それによるデメリットもありますが、生き残った医院が強いことは間違いありません。強いから生き残るのではなく、生き残ったから強いのです。
では、どうすれば生き残ることができるのでしょうか?
もしも医院内にトラブルが多いと医院を存続させるどころではなくなります。トラブルが起きれば、業務は止まります。止まるだけではなく業績は低下していきます。医院の場合は特に医院内のトラブルが患者様とのトラブルに発展し、直接的に医院の業績を落としてしまう危険性があります。またトラブルを処理するための時間と労力とお金は計り知れないほど大きなものがあります。そんなことに捕らわれていては医院を存続させるなどとてもできません。
医院を良くしようと思えば、トラブルを最小限に抑えることは必須です。特にスタッフとのトラブルは、後で金銭面だけではなく大きなリスクとなって返ってきます。そのリスクは医院を潰すほどのこととなる場合も少なくありません。先生の医院を守るためにもトラブル回避は重要な問題です。トラブルは、起きてしまってからでは遅いのです!
トラブルを最小限に押さえることができる労務管理のサイクル
大神令子 社会保険労務士事務所が選ばれるわけ
「良い人」を採用する
クリニックのために教育する
やはり重要なスタッフ管理
最後の砦トラブルのない退職
Copyright © 大神令子社会保険労務士事務所 all rights reserved.